Tap to close

正しい手洗い方法

正しい手洗い方法

電話アクセス

正しい手洗い方法

 

最近、急に冷え込みが厳しくなり、Green整骨院では、体調を崩される方が増えているように感じます。

 

今回は風邪などを予防する手洗いの重要性についてご紹介します!

 

 

手洗いが感染症や食中毒予防に重要であることは周知の事実。

 

よって、外出後や食事前などは、手洗いが習慣化している方も多いはずです。

 

しかし、正しく洗えている人は、意外と少ないです。

 

なぜ手洗いが大切なの?

私たちは、日常生活のあらゆる場面で手を使います。

 

そのため、一見きれいに見えても、手には細菌やウイルスなどの病原体がたくさん付着しています。

 

例えば、鼻をかんだりくしゃみや咳を押さえた手で何かしらに触れると、そこには風邪などのウイルスがたくさん付着します。

 

ドアノブや手すり、電車のつり革など公共の物の場合、知らずに他の人がそこに触れて、そのままの手で鼻や口の周りに触れてしまう場合も多いです。

 

 

そうすると、ウイルスが体内に入って感染を起こす可能性があるのです。

 

また、トイレの取っ手や洗浄レバーには、大腸菌やノロウイルスが付着しています。

 

トイレの後にきちんと手を洗わず食事をすると、食中毒を起こす可能性が高くなります。

 

 

このように、感染症や食中毒を予防するためには、しっかりと手を洗い、ウイルスや細菌を洗い流すことが重要です。

 

また、手洗いをして手を常に清潔にしておくことは、周りの人に病気をうつさない為のマナーです。

 

正しい手洗いの方法

 

せっかく手洗いをしていても、洗い方が不十分ではあまり効果がありません。

やり方によっては、洗浄がしっかりされていない場合が多いです。

 

手洗いをするときは、次の手順でしっかりと洗うようにしましょう。

(1)腕時計やアクセサリーなどは外しましょう。

(2)流水で手を湿らせ、石けんを適量手に取って両手でよく泡立てます。

(3)手のひら全体をこすり合わせ、泡を伸ばします。

(4)手の甲をもう片方の手のひらで、こするようにして洗います。

(5)両手の指と指を組むようにして、指の間をもみ洗いします。

(6)親指をもう片方の手のひらで包み込み、軽く回転させて洗います。

(7)指先で、もう片方の手のひらを引っ掻くように動かして洗います。

(8)手首を反対の手のひらで軽く握り、回転させて洗います。

(9)流水で、泡を完全に洗い流します。

(10)清潔なタオルやペーパータオルなどで水分をよく拭き取り、手を乾かします。

 

手洗いで風邪の予防を!

 

Green整骨院で体の不調の予防をしていきましょう!

 


 

京都市下京区、河原町駅近くのGreen(グリーン)整骨院の特徴

 

ポイント1 何より結果重視の院です!

ポイント2 即効性にこだわりその場で痛みを半分以下にすることを目指します!

ポイント3 10年以上のキャリアがある施術者による担当制です! 

ポイント4 最新機器を導入しており痛みの改善から予防まで当院にお任せください!!

 

 

お問い合わせはこちらをクリック↓

head_gazou

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

電話

line

ネット予約

営業時間